フレーム式サイトの場合



フレームのサイトでもご利用いただけます

フレームの親URLへのリンク元を取得しています
  ですから、フレームではないサイトとDATA取得結果は同じです。

タグ(スクリプト)を貼る場所は
  フレームの親URLではなくて、実際に表示される側の子URL
  (右とか左とか)です。

  なるべく標準的に表示される側(メニュー側?)がお勧めですが、
  その辺はご自由にどうぞ。

フレームを入れ子にしている場合は要注意
  フレーム親の上にさらに親URLが在る形ですから貼る場所には
  注意が必要です。(下記参照)
  フレーム割りは、なるべく入れ子にしないで一気に割って下さい。


■ 登録するURL
  実際にタグ(スクリプト)を貼るURL(子)でご登録下さい。




有効なフレームページ

 index.htm


普通のフレーム

左図 A.BCの、どのページにタグ(スクリプト)を設置しても
index.htm へのリンク元が取得されます。


 index.htm


入れ子になったフレームは要注意

左図のようにフレームを入れ子にして C1C2
タグ(スクリプト)を設置すると、
リンク元は全部 index.htmになってしまいます。
という親ページのリンク元はindex.htmです)
(この場合AB に貼れば大丈夫です)


このような配置にしたい場合は次のようにして下さい。

 index.htm



これなら、AD まで何処に設置しても index.htmへ
リンク元が取得できます。

このA〜Dに分割する index.htmのサンプル
<HTML>
<HEAD>
<TITLE></TITLE>
</HEAD>
<FRAMESET rows="20%,80%">
      <FRAME src="A.htm">
<FRAMESET cols="30%,70%">
      <FRAME src="B.htm">
<FRAMESET rows="40%,60%">
      <FRAME src="C.htm">
      <FRAME src="D.htm">
</FRAMESET>
</FRAMESET>
<NOFRAMES>
<BODY>
<P>このページをご覧いただくにはフレーム対応のブラウザが必要です。</P>
</BODY>
</NOFRAMES>
</FRAMESET>
</HTML>