自動ジャンプする時のリンク元URL取得について

ジャンプも「リンク」のひとつです。
ジャンプ先に専用タグ(スクリプト)を貼った場合は、ジャンプの方法
によっては本来の「リンク元」が取得出来ない場合があります。


フレームによるジャンプ
 ジャンプ用のフレーム・タグ
<FRAMESET ROWS="*,0" BORDER="0" FRAMEBORDER="NO">
<FRAME SRC="URL">
</FRAMESET>
X.リンク元
 ↓
 ↓
A.ジャンプ親ページ
 ↓
 ↓
B.ジャンプ先ページ
 (専用タグ(スクリプト)のあるページ)
この方法ならOK!
本来のリンク元(X)のURLを取得します。




METAによるジャンプ
ジャンプ用のMATAタグ
<meta http-EQUIV="refresh" content="0;url=URL">
A.ジャンプ親ページ
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
B.ジャンプ先ページ
 (専用タグ(スクリプト)のあるページ)
Bのリンク元はAですから
からのdirect として記録されます。
本来のリンク元は取得されません。





JavaScriptによるジャンプ
ジャンプ用のJavaScript
<BODY onload="location.replace('URL')">
A.ジャンプ親ページ
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
B.ジャンプ先ページ
 (専用タグ(スクリプト)のあるページ)
Bのリンク元はAですから
からのdirect として記録されます。
本来のリンク元は取得されません。